【副業せどり初心者にオススメ!】初めての簡単電脳せどり入門ガイド!
Sedorigraph公式LINE@

未経験・初心者でも稼げる、Sedorigraph公式LINE@です!
ブログ更新情報を始め、LINE登録者だけの秘密の稼げる情報を随時配信します。
友達登録すれば、「今すぐ仕入れられる商品リスト50」がすぐ手に入ります!

Sedorigraph公式LINE@の登録はこちら

[在庫管理]SKUは必ず効率的につけましょう!

中級者向け情報(稼げない方はこちら!)
どうも、ターニーです!

未経験・初心者でも稼げる、Sedorigraph公式LINE@募集中です!
友達登録すれば、「今すぐ仕入れられる商品リスト50」がすぐ手に入ります!
登録は↓
友だち追加


 

今日は、「SKU」について、お話いたします。

皆さんは、SKUを設定されているでしょうか?

自分も最初は自動的に出力されたものを使っていました。

しかし、このSKUも設定次第では効率化の手助けになります。

私自身も色々な方に影響を受けて、今の位置に落ち着いています。

他にもいい案あれば、教えてください笑

1.SKUの設定方法について

例に沿って、以下のように設定しています。

私は基本仕入れたものについては、「Google スプレッドシート」を

用いて管理しています。

こちらは、OS関係なく、シームレスにデータを管理できるので

非常におすすめです。

またExcel同様、関数を組むことができるので、

この機能を用いれば、自動的にSKUを設定できます。

さて、それでは例に沿って設定します。

(例)

2017年4月1日に、あるネットショップで1,500円で仕入れ、

3,500円で販売し始めたが、損益分岐点は2,200円である。

170401-1500-3500-2200

と表記しています。

大体想像すれば分かると思いますが、

ハイフンごとに区切ってるだけです。

このSKU一つで、

①いつ仕入れたのか

②いくらで仕入れたのか

③いくらで販売するつもりだったのか

④損益分岐点はいくらなのか

を一目で判断できます。

 

2.SKUの活用方法

以上のSKUを用いて、価格調整を確実に行っていきます。

この商品は黒字か赤字か確実に分かるので、

時間の短縮につながります。

また私の考えとしては、他の情報は必要ないかなと考えています。

販売場所などを付け加える方法もあるのですが、

その情報は価格調整等に必要ないかなと考えました。

その都度、どういう販売方法を取れるかを

このSKUを用いて判断していきましょう。

GWももう後半ですが、ダレることなく頑張っていきましょう。

 

それでは、また明日!

 

 

 

 



未経験・初心者でも稼げる、Sedorigraph公式LINE@募集中です!
友達登録すれば、「今すぐ仕入れられる商品リスト50」がすぐ手に入ります!
登録は↓
友だち追加


自分の実績

コンサルはこちら



相談もお気軽にどうぞ!

1日以内には返信いたします!

お問い合わせ

ブログランキング参加しています!

気軽にポチッと押して頂けたら、嬉しいです!



にほんブログ村 小遣いブログ せどりへにほんブログ村せどりランキング
タイトルとURLをコピーしました